マイカーリース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 沖縄県

「月々1万円台ってホント?」
「全車種から選べるの?」
「車って最後にもらえる?」

当サイトでは沖縄県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめのマイカーリース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

沖縄県の街で見かけるリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(沖縄県編)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種一覧

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー、

    沖縄県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、カーリースよりも購入がおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車査定のお役立ちコラム

    今どんな車をお持ちでしょうか。

    その車を手放す決心をし、売りに出そうとするなら、多少なりとも高い金額で売れれば良いのに、と願うのではないでしょうか。

    ところでもし、その車が世間で人気の高いボディカラーだった場合は、業者で査定を受ける際、案外いい値段がつけられたりすることがあります。

    その時々で流行りや人気の色、というのは変わりますが、ホワイト、ブラック、シルバーといったところは時代を超えてずっと人気を維持している色となっています。

    中古車の買取してもらう場合にわずかな額でも査定を高くしようと車検切れの車を車検に出す方も多いです。

    車買取業者の場合、自社の工場で車検を通しているところが、結構あるので、多少、上がった査定金額より良かれと思って、自分で通した車検代の方が高くなってしまうのです。

    車検が間近となった時でも、そのまま、とりあえず査定を受けた方が得なのです。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取対象となる車を実際に業者が採点していき、車の状態に応じた査定額が決まります。

    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、移転登録等の手続きが終わってから代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、個人情報はなるべく公開したくないというときには匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、車を実際に売るときには、個人情報を公開しなければなりません。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、相手の名前などを記載しておく義務が発生するからです。

    色々な出来事についての口コミ情報がありますが、車査定についても例外ではありません。

    実に多くの口コミが氾濫しています。

    例えば、高い値段がついてお得に売れた、といったようなイメージの良いものから、買い取り業者の電話対応や査定の際の態度に非常に嫌な思いをしたなど、あまり良くないイメージのものもあったり、それはもう多種多様です。

    あるいはまた、一括査定サイトについての評判というような情報も、探せばすぐに見つかるでしょう。

    こういう口コミ情報は、良くも悪くも実際の利用者による正直な意見が大部分ですから、中には貴重な情報もありますが、そうは言っても、気軽な匿名の書き込みであり、噂話と変わるところはありませんし、すぐに信用するようなことはせず、「そんな話もある」といったようなスタンスで利用するのが良いのかもしれません。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、通常の普通自動車を買取に出したりしないでそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    反対に軽自動車に関しては、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

    いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。

    車の下取り価格を少しでも高値にするには、一度に見積もりしてくれるサイトを利用するのが効率的です。

    複数社より見積もりの提出があるため、売りたい自動車の相場を知ることができ、これらの情報を元にディーラー等々の下取り先にも交渉を推進することができます。

    車を買取に出す上で、忘れてはならないのが印鑑証明の準備です。

    実印が必要になるので、登録をしている市役所、もしくは役所の出先機関で、2通の発行を受けなければなりません。

    ここ最近だとコンビニでも発行できるところがありますし、証明書を自動発行できる機械も役所に設置してあります。

    注意すべき点としては、証明書は一か月以内の発行でなければならないことです。

    取得から日数が過ぎた証明書では効果がありません。

    車の買取依頼をする時、その時期や依頼業者によっては数十万円の価格差がついてしまうこともあります。

    普段から車内の手入れや傷やヘコみを付けないように用心することも大切なことですが、少しでも高価に査定してもらう秘訣は、いくつかの買取業者に依頼し、その値段を比較することです。

    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、嘘をついて査定に出したとしても瞬時に判明してしまいます。

    軽微な損傷であって、それに相応しい修理が実施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    修理歴があだとなって、万が一多くの買取会社で買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    沖縄県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    沖縄県で新車リース申込なら