マイカーリース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 東京都

「月々1万円台ってホント?」
「全車種から選べるの?」
「車って最後にもらえる?」

当サイトでは東京都にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめのマイカーリース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

東京都の街で見かけるリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(東京都編)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種一覧

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー、

    東京都の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、カーリースよりも購入がおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車査定のお役立ちコラム

    ご自身の愛車の価値を知りたい時に知って頂きたいのが、専門の業者による車査定です。

    中古車買取業者の中には、ご自身が店舗まで車を運ぶ面倒なくご自宅で査定を行ってくれる場合もあるのです。

    査定の場所については、自宅だけでなく指定された場所まで出向いてくれる場合もあるそうです。

    つまり、場合によっては工場で査定を受ける、なんてことも出来るのです。

    とはいえ、査定額が納得できない物であれば断っても問題ありません。

    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域が絞られてしまうことも出てくるのです。

    しかしながら、どのような車の種類にも同様のことが言えるのですが、大概初年度登録から経過した日数が経っていないほど高値になる可能性が高いです。

    車を手放そうと考えたら数日でも早いほうが高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。

    車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無は不要と見られ、値段がつくことはないのです。

    ただ、チャイルドシートというのは購入希望者は多いため、それだけで売りに出しても相応の価格で売れます。

    特に人気の高いブランド商品なら思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで競争を促し、結果的に高値で売却することも可能です。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、競合する相手がいませんからもしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

    けれども一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    車査定アプリを起動すれば、個人情報の入力は不要のため、査定業者から営業されることもありません。

    ほとんどの場合に、車査定アプリは何度でも無料利用することができ、操作方法も簡単なので、スマホの使用が困難だと感じている方でも大丈夫です。

    スマートフォンがあるなら、車査定アプリを是非試用してみてください。

    事故を起こした車は、廃車処理するよりも査定を受けた方がお得になるのは明らかです。

    事故で損傷した車には価値がないと想像するかもしれません。

    でも、事故を起こした車であっても、使用できるパーツはたくさんあり、海外でのニーズが見込めるのです。

    さらに、事故で壊れた車でも専門業者が修理すれば再び乗れるようになるケースもあり、思ったよりも高値で売却できることもあります。

    大切にしていた車を高く手放したいのなら、下取りではなく買取を選択しましょう。

    買取の方がより得することが可能性大です。

    それに、事故車や故障車を売却希望の折は、下取りにすると評価が低いため、プラスになるどころか、廃車の費用を求められることもあるでしょう。

    けれども、買取の場合は専門業者を選べば、ストレートに買取してもらうことができます。

    ディーラーが古い車の下取りをするのは、新車を購入してもらうための奉仕的なものです。

    中古車買取業者に、買取を頼んだ時のように、中古車のグレードや色、オプションなどの有無は下取りの値段にはリフレクトされません。

    業者に下取りに出すより先に、いくつかの中古車買取業者の査定を受けて、レートを認識しておいてください。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    何社か買い取りを依頼しても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、廃車を専門とする買取業者にお願いする事が可能ですので、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    中古車売却のための一括見積りサイトが存在するように、ネットで自動車保険各社から一括見積もりがとれるサイトというのも増えています。

    すべての自動車保険は年限が限られており貯蓄性はなく、満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところに切り替えた方が得であるのは明らかです。

    生命保険一括見積りサイトの自動車保険版といえばわかりやすいかもしれませんが、利用するのには一切お金がかかりませんし、たった一度の入力で複数の保険会社の掛金や保障内容を分りやすく比較できるため、検討にはもってこいです。

    東京都の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    東京都で新車リース申込なら