マイカーリース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 愛知県

「月々1万円台ってホント?」
「全車種から選べるの?」
「車って最後にもらえる?」

当サイトでは愛知県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめのマイカーリース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

愛知県の街で見かけるリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(愛知県編)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種一覧

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー、

    愛知県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、カーリースよりも購入がおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車査定のお役立ちコラム

    車の買取金額には消費税を含んでいるケースと含んでいない場合があるので、買取る前によく確認なさってください。

    さらに、買取業者が遅くに手続きして自動車税のお知らせが送られてくることもありますから、売る機会によってはそのような事態になった時の対応についても問い合せておいた方がベストかもしれません。

    もしチャイルドシートをつけたままの自動車を査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に採点される項目には含まれていないからです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートはユーズド品でも人気のある商品なので、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、きちんと値段がつくものですし、オークションでもブランド製で美品なら意外な価格になるので、車とは別に売りましょう。

    所有者が絶対に中古車査定の際にはそこにいる必要があるなどといった規定は聞いたことがありませんが、本人不在で起こりうるトラブルをあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    悪質と決めてかかるのはいけませんが、ひどいのに当たると、人が見ていないのを幸いとばかりにもともと何でもない部分に傷をつけたりして少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    父が十四年間乗っていたワゴン車を買い換えることになりました。

    馴染みのある査定業者に、ワゴン車を見てもらうと、年数もずいぶん経っているし、質も悪くなっているので、廃車にした方が良いと薦められてしまい、買い取りをしてはもらえませんでした。

    ですが廃車にしてもいろいろと費用がかかるので、父はそのワゴン車を業者に引き取ってもらいました。

    買取で低く評価されてしまう車といえば、改造車ですね。

    手広くやっている買取店なら、装備品がメーカーやディーラーの純正品であれば査定で有利になります。

    サンルーフや純正ナビ(マルチ)、革シートなどは一般的に需要があるので査定額にプラスに影響しますが、一方で、車高調整していたり、純正以外のアルミホイールやエアロを付けていると車の価値を上げるものとはなりません。

    買取に出す車がスポーツカーであれば、買取額の点では確実に専門店が良いでしょう。

    以前、知人の使用済み車販売業者の方に、長い間乗っていた車を査定しにいきました。

    私的には、廃車寸前だと言うことで、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、車の価値は3万円でした。

    そのあとは、修理されたその車は多くは代車として再利用されるそうです。

    オークションでの車購入をしようという方は、安く車を欲しいと考えている人か車マニアの方かのどっちかです。

    中でも、車を安い価格で欲しいと思っておられる方が大多数なので、ごく普通の車だと高額で売ることができません。

    ですが、希少価値があり珍しい車だとマニアの人たちに喜ばれることになるため、入札件数が増えることになって、高い値段で売ることができます。

    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などがほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、大概初年度登録から経過した日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    じっさいに車を手放すならば幾らかでも早めの行動をする方が断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    自分の車は何年か前に事故を起こしており、フレームの修復をしてもらったことがあるので、履歴としては修理歴有りということになります。

    とはいえ、相当注意して見ないと修理の痕跡はわかりません。

    車を買取に出す時にそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。

    後からバレたら減額請求などで面倒なことになりそうですし、しまいには訴えられる危険さえあります。

    それらのリスクの大きさを考えると、修理歴のことは正直に報告しておくことにしました。

    見積りの結果に納得して実際に売却する手続きに入ると売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、不明点があったら営業担当者に確認してください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、最新の納税証明書の原本が必要です。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車ならスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    愛知県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    愛知県で新車リース申込なら