マイカーリース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 和歌山県

「月々1万円台ってホント?」
「全車種から選べるの?」
「車って最後にもらえる?」

当サイトでは和歌山県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめのマイカーリース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

和歌山県の街で見かけるリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(和歌山県編)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種一覧

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー、

    和歌山県の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、カーリースよりも購入がおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車査定のお役立ちコラム

    スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店では大衆向けの中古車査定アプリを提供していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    このアプリは、中古車をあまり査定したことがなくても簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、査定対象車の過去の修理の有無が分かる機能がついているケースが多いです。

    新車購入時に今まで乗ってきた車の方はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

    買ったところで売るのですから、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、中古車屋による買取りの方が高額になるという事実があることは忘れてはいけません。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。

    車種であったり、タイミングであったりで異なってくるとは思いますが、買取に出すのが外車であった時にはつけられた査定額に疑問が残るというケースが頻繁にあります。

    外車を売りに出す場合、買い取っている車が外車だけだという業者か買取業者のうちでも外車を特に買い取っていますというようなところに査定に出すようにしましょう。

    また、必ず行うべき重要なことは、いくつかの買取業者に査定してもらうということです。

    車を手放す時の方法としては、ディーラー下取りというやり方があります。

    しかし、ディーラー下取りの場合は、中古車買取の業者に頼むよりも安い値段になってしまう場合が多いです。

    他には、オークションで売るというやり方もありますが、手数料で、マイナスになる可能性が低くないことも知っておくべきです。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは普通自動車を売却しないで廃車にすると戻って来ます。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかしながら、自動車税のことについていちいち説明してくれるとは限りません。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくてさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    サインと捺印をすれば、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。

    契約書に書かれている自動車の状態は正しいか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまで営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。

    いままで乗っていた車を売却すると、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、日常的に車を使う場合はやはり代車手配ということになるでしょう。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を受けてくれるというものではありません。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか担当者に聞いておくと安心です。

    車検に出すのを忘れていて、乗れなくなった車でも、車買取業者に依頼すれば買取してくれる場合が多いです。

    車検を通してから買取に出したとしても、その費用以上に買取価格が上がることはほぼ有り得ないと言えるので、出張査定に来てもらってそのまま買取に出す方がいいです。

    廃車の手続きを行うにしてもそれにも手間や費用がかかるので、早めに買取業者に査定してもらい、価値が少しでも残っている内に売ってしまいましょう。

    車の現物を見て査定してもらう時は、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、自宅まで来てもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    ほとんどの買取業者は無料の訪問査定サービスを提供しています。

    上手くこれを活用すると、まとめていくつもの業者を来させて同時あるいは同日査定で見積りを出してもらうこともできます。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、比較的高い価格で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    自分の車を買取業者に査定に出して、提示された金額がどうも腑に落ちないときに、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    複数の買取業者に査定をお願いして比べて一番高い査定額を表示してくれた店舗で売買契約を行う方がより良い選択ですね。

    でも、契約書を交わしてからの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、たとえキャンセルできたとしても損害賠償金が発生する可能性があるのです。

    損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    和歌山県の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    和歌山県で新車リース申込なら