マイカーリース安いおすすめ

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 京都府

「月々1万円台ってホント?」
「全車種から選べるの?」
「車って最後にもらえる?」

当サイトでは京都府にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめのマイカーリース情報をご紹介しています。

新車リースを選ぶポイントは4つです。

  • 月額固定料金が安いかどうか
  • 希望の車種があるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか

結論として、一番のおすすめは、
ネットで業者比較して選ぶ方法です。

京都府の街で見かけるリース業者さんの場合、地元にたまたま自分の条件に合ったいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回って比較するのも大変です。対面だと無理な売り込みを受けるかもしれません。

ネットで手軽に優良業者を比較して、自分の利用状況に一番ぴったりの格安のサービスを選ぶ方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

つまり、自分の利用シーンや予算に合わせて、全国の新車リース専門店同士を比較するというのが、お目当ての新車に一番安く乗る一番賢い方法です。

\一番使える新車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイカーリースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMyカーリースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!カーリース(京都府編)

    カーリースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    カーリース人気車種一覧

    カーリースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー、

    京都府の方向けはじめての新車リースQ&A

    新車カーリースに関するQ&Aです。

    Q.カーリースのメリットは?

    カーリースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.カーリースのデメリットは?

    カーリースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.カーリースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.カーリースに向いていない人?

    逆にカーリースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、カーリースよりも購入がおすすめです。

    Q.安いカーリース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車査定のお役立ちコラム

    売却予定の車を査定に出したときに、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらってもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、廃車を専門とする買取業者に引き取ってもらう方法もあるので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    ずっと乗用していた車を買取業者に引渡してしまったら、次に使う車が手に入るまでの間、車がない期間が長くなることも予想されます。

    代車を貸すシステムのある買取業者も出てきています。

    査定時に相談していれば代車を準備する手はずを整えてくれることもあります。

    あるいは、新しい車の契約先のディーラーが代車を貸し出すことも多いので、そちらにも話してみてください。

    毎回車の査定相場を調査するのは手間かもしれませんが、調べておいて悪いことはありません。

    逆に、車を高い金額で売るには、愛車の相場を理解していたほうが、為になります。

    理由は、市場価格を事前に理解しておくことで、営業スタッフが提案してきた査定金額が合っているのかどうかジャッジできるからです。

    中古車を売る際に必要となる事項を調べてみましょう。

    買い取ってもらった金額のお金を振り込むための振込口座と車検証と印鑑証明(2通必要・発行後1か月以内の物)などを準備しておきましょう。

    取説やスペアキーがあると査定金額が上がる可能性もあるのです。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、業者に査定に来てもらったところで、値段がつけられないなどというケースも多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている業者に相談するという手があります。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

    手荒に乗っている所有車よりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、きっと見積額にも良い影響を与えることになるでしょう。

    自動車というものは頻繁に乗らなくても維持費は一様にかかってくるものです。

    じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売りに出してしまうことで家計がかなりスマートになるでしょう。

    自動車維持にかかる費用の内訳は、自動車税や保険料、さらには車検代、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。

    これらを総合的に見ると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。

    中古車を見積もる際の基準は、その中古車の事故歴や年式、走行距離や内装と外装の状態を見ます。

    これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで幾分査定額は高く出ると予想されます。

    事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、はじめから正直に答えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    インターネットの発展で、情報はかなり見られるのが当たり前になっていますから、見積や現物査定の前に確認しておきたいことも複数のサイトから知ることができます。

    外装や内装、エンジン周りの状況、走行距離や部品の条件、必要な書類は何かなど、査定で何を求められるか確認し、事前にできることを終えてから、売却に取りかかりましょう。

    もっとも、部品交換や修理にかかる費用を考えて、余計な手間をかけない方がお金の節約になることもあります。

    自賠責保険という言葉を知っている人は多いでしょう。

    これは自動車を持っている人なら加入が義務づけられているのですが、還付の条件を満たしていれば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    さらには、還付金が生じるケースでも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。

    京都府の方向け新車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    京都府で新車リース申込なら